未分類

タトゥーとの違いとは


アートメイクとタトゥーの違いとは、施術の際の器具も異なりますが、大きな違いは、やはりタトゥーは永久に消えませんが、アートメイクは永久ではなく、3~5年で消えるとされている点になります。その理由は、色素を入れる皮膚の深さの違いにあります。

皮膚には層があり、表皮、真皮と重なっています。表皮は表面にある薄い皮で、角質を含み、真皮は表皮より下層にある深い部分になります。アートメイクの場合、施術方法にもよりますが、表皮の浅い部分まで色を入れるのですが、表皮は新陳代謝を繰り返し、徐々に色は薄くなります。対して、タトゥーの場合は、真皮まで色を入れますので、ほぼ退色せず、一度入れてしまうと一生落ちることはありません。アートメイクは表皮に色を入れますので、一度だけだと色が定着しない為、一定期間をおいて2~3回施術をすることがお勧めです。

あまりに安い価格でできたり、医師がいない機関を選んでしまうとトラブルが発生した際に対応してもらえない可能性がありますので、その点に注意しましょう。